現金化 口コミ

カードの現金化についてを調べているのでしたら
口コミサイトなどを活用していくのもいいと思いますよ。

ちなみに、流れは
『カードで商品を購入してその商品を買い取り店に買い取ってもらう』
という方法になります。
ショッピング枠の換金とも言い換えることが出来るかもしれないですね。

ただ、この方法はグレーゾーンですので
カード会社に見つからないように進めていく必要があります。
各省庁は禁止を明言していませんが、カード会社の利用規約違反にはなりますので、
カード会社に見つかると利用停止や一括での支払いになることもあります。

このショッピング枠の換金は個人でも行ってはいけるのですが、
そういったリスクを避けるために業者を利用している人も多いようです。

クチコミサイトというと、その業者の紹介サイトがほとんどです。
自分に合った業者を見つけていく参考にしてみてはどうでしょうか。

下記に利用客の満足度などで総合的に評価したランキングがありますので、
一度問い合わせしてみるのもいいと思いますよ。


対応時間
24時間受付、土日祝OK
還元率
最大98%
入金対応
決済後5分で入金

◆新規申込みで現金最大3万円プレゼント
その他にも紹介キャンペーンなども行われています。
他社を既に利用している方には期間限定ですが乗り換えキャンペーンも行われているそうです。
問い合わせしてみてはどうでしょうか。

対応時間
24時間受付、土日祝OK
還元率
最大98.8%
入金対応
最短10分で入金

◆契約者全員に換金率アップキャンペーンが適用
期間限定で契約者全員に換金率がアップするキャンペーンが適用されるそうですから、今が利用のチャンスかもしれないですね。
ここは元々の換金率も高めになっているようですので、自分はいくらで換金出来るのか、直接聞いてみるのもいいのではないでしょうか。

対応時間
24時間受付、土日祝OK
還元率
最大98%
入金対応
最短5分で入金

◆目的別の4プランから選択出来ます
即日、女性の方、換金率が高い、そして事業主の方に優遇された合計4つのプランが用意されていますよ。
更に期間限定で、新規の申込み限定で換金率が1%アップするキャンペーンも行われているそうですよ。

対応時間
24時間受付、土日祝OK
還元率
最大98%
入金対応
最短10分で入金

◆月替りでお得なキャンペーンを開催中です
月毎に違うキャンペーンが行われていますので、まずはどのキャンペーンが適用になるのか聞いてみてはどうでしょうか。
ネット申込み限定のキャンペーンもあるみたいですよ。

現金化 口コミ オススメ


カードの現金化業者は沢山ありますので、
口コミサイトを参考にしていくのもいいと思います。

それぞれのサイトで、それぞれの業者にオススメのポイントがあるはずです。

よく記載されているのは
『換金率』『スピード』『利用者の満足度』でしょうか。
換金率が高ければ、自分の手元に入ってくるお金が多くなりますし、
スピードが早ければ、それだけ待たなくても良くなります。
満足度は安心して利用していけると言えなくもないですからね。

自分に合った所を見つけ出して、選んでいってみてはどうでしょうか。

現金化 口コミ スピード


現金化の口コミサイトでよくポイントとして挙げられるものの中に
『スピード』があります。

業者の中には、「店舗型」と「ネット対応」の所の大きく分けて二種類あって
スピード重視となると「ネット対応」の業者の方が強いかもしれないですね。

ただ、そのネット対応の業者の中でも
換金して振り込むまでの時間の差がありますから、
急いでお金を手に入れたいという方は、『スピード対応の業者』を選んで
依頼していくのもいいと思いますよ。


また、「業者に依頼するから時間がかかるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、
カード会社に見つからないリスク回避をしないといけませんので、
それも視野に入れていくと、業者の中で早い所に依頼する方がいいと思いますよ。

現金化 口コミ 換金率


カードの現金化で気になるのは『換金率』だと思います。

最初にも書きましたが、その方法は
『ショッピング枠を利用して商品を購入してそれを売る』
という流れになります。

よっぽどの商品を購入して売らないと
基本的に購入金額より売却額が上回るということはありません。
同じ商品を買って売るのですから同額で売れるということもほぼありません。

ですので、『換金率』が高い業者を選ぶのは出費を抑えることにもなります。
100%の換金率の業者は裏があると考えた方がいいですので、
まずは疑ってみた方がいいとも言われています。

口コミサイトなどを見てみると、そういう所もあるかもしれませんが、
情報収集をしっかり行い、業者に直接問い合わせをしてみるなりして、
誤った選択をしていかないようにしていきましょう。


また、サイトの情報が古い、という場合も考えられますのでそこも注意してみましょう。