クレジットカードの現金化はショッピング枠の換金を行って、現金を作っていく流れになります。

カードで買い物をして、買った商品を買取店に売るという流れなので、やろうと思えば自分で出来なくはないと思います。

ただ、現在はカード会社が監視を強化しているので、個人で現金化を行っていくのはリスクが高いです。
大半の人は現金化業者を利用して、リスク回避を行っていっているそうです。
カード会社に見つかれば現金は作れないですし、他にもペナルティが発生しますので、リスク回避は最優先で考えていった方がいいですよ。

現金化業者の口コミサイトやランキング形式で紹介しているサイトも沢山ありますので、どういう業者があるのか、情報は集めやすいと思います。
自分の目的に合った業者を利用していけば、お得に現金化を行っていくことが出来ますよ。


また、現金化業者を利用すると、現金化も簡単に行うことが出来ます。

買って売るだけ、とは言っていますが、カード会社に見つからない且つ換金率の高い商品を選ぶのは大変なことです。
換金率が高い商品は個人で購入すると高確率でカード会社に見つかるそうですから、まずそこで時間が掛かってしまいます。
急いでいる人だと、焦りで選択を誤ってしまいやすいですから、現金化業者を頼った方が簡単に現金化を行っていけるはずですよ。

申込みの手順もそれほど難しいことではありません。

?申込みを考えている現金化業者のHPの申込みフォームに必要事項を入力し、送信します。
?折り返し業者から現金化を利用する意思確認の連絡が来るので、了承します。
?身分証を提示します。
?指定された商品をカード決済で購入します。
?業者側で確認後、現金の振込みが行われます。

以上です。

現金化業者によっては、最短5分で現金が振り込まれるので、急いでいる人にも向いているのではないでしょうか。

ただ、申し込みの際には注意点がいくつかあります。

?の時の申込みフォームのURLが「https」から始まっているかを確認しましょう。
セキュリティが弱い所を利用すると、情報を抜き取られてしまう可能性があります。

?の時に気になる所の質問などもしておきましょう。
手数料、実際に振り込まれる金額、いつまでに振り込まれるのかなどのお金に関しては、後々トラブルにならないようにきちんと確認しておいた方がいいです。

また、この流れはほとんどの現金化業者で同じなので、?や?の時にカード番号を教えてほしい、といった話になる所は利用しない方がいいです。
現金化業者側でカード番号を確認する必要は無いですから、カード情報を無闇に相手に伝えないようにしましょう。


現金化業者の中には悪質な業者がありますので、利用は注意した方がいいですが、現金化自体は今の所グレー行為と言われています。
現金化の違法性を訴えるサイトも確かにありますので、利用しない方がいいのでは、と思うかもしれませんが、その時はそのサイトの結論を見てみるといいですよ。

現金化をしたい、ということは急な出費で現金が必要だということです。
現金化以外の金策方法が紹介しているのであれば、それを利用してみればいいだけの話ですからね。

現金化の違法性を訴えるサイトは、だいたい消費者金融を利用するといい、という話になることが多いです。
もちろん、消費者金融を利用するのもいいですが、審査に時間が掛かったり、信用情報の汚れが気になります。
今後、ローンを組むなどの時に影響も出たりしますから、現金化を行っておくのもいいのではないでしょうか。

現金化業者を間に挟んでの現金化は、法に触れるということも無いですし、カード会社に見つかりにくいですから、メリットは多いと思いますよ。